こんにちは。

marotanukiです(^^)

今回のテーマは、
『睡眠時無呼吸症候群 〜CPAP療法マスク付け忘れ対策〜』

CPAP療法を行う患者さんの悩みで多いのが
”マスクの付け忘れ” です。

そんな悩みを持つ
CPAP患者さんのために
今回3つの対策法 を紹介します。

筆者もCPAP療法をはじめた頃は
付け忘れがひどく、
月の半分程度の着用率しかありませんでした。

shinpai_woman

そんな筆者も、
現在はなんと80%以上の着用率 となっています。
無呼吸症候群



①記録に残す

筆者はInstagramに毎日、
使用履歴画面の写メをアップしています。

↓写メはこのような感じ
IMG_6196

簡単な感想や考察などの文章をつけてアップします。

ちなみにこの使用履歴は
次回使用を開始してしまうと
履歴を簡単にみれなくなってしまいます(-_-;)
※機種によるかもしれません

そのため筆者は
なるべく起床時に写メを撮っています。


②タイマー

毎日の就寝時間を決めて、
それに合わせてタイマーを設定する方法です。

上記は基本的なことになりますが、
音楽が耳から入ることで
脳自体に刷り込みがされやすいかと思います。
body_tainai_dokei2


③21日続けて習慣化

一般的に、
習慣化するには21回続けると良いと言われています。
その内容が複雑であればあるほど
回数を要するとも言われています。

CPAP療法のマスク装着に関しては
そんなに複雑な内容ではないため
大体の方が、
21回ほどで習慣化されるのでは?
と思います。





以上、
睡眠時無呼吸症候群 〜CPAP療法マスク付け忘れ対策〜
でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。









*この記事を書いたのは*
自身はHSS型HSE。HSC小学生を子育て中のアラサーママ『marotanuki』です。
最近は、「子宮内膜症」や「睡眠時無呼吸症候群」などの持病系ブログを主に投稿しています。