こんにちは。
marotanuki です。

本日の生地はHSPについての記事です。
他人を傷付けてしまうと自分も傷付く
がテーマでございます。
publicdomainq-0005996nxl


まずHSPの特徴の1つである
共感力が非常に高い」特徴に注目してみましょう。
他人の感情をまるで自分のことのように感じてしまったり、時には本人よりもその感情を強く感じてしまうこともあります。

特にマイナスな感情(怒りや悲しみなど)は感じやすく過敏に受け取ってしまいやすいとされています。

そして、HSPの人はとても良心的で平和をのぞみます。
その為喧嘩や対立などはなるべく避けて生活しているのです。

たとえ自分に否がないとわかっていても、「もしかしたら自分が悪いのかも...」と考えてしまい八つ当たりされたり、ターゲットにされやすいのです。

HSPだから仕方ない・・・
自分はそうゆう運命・・・
と受け入れようと考えられるHSPさんも中にはいるかもしれません。

でも、そんな出来事ばかりだと自分の心の傷が重なり・・・うつ病などになりかねません。

そこまで我慢するのなら言い返したらいいのでは?
と思う方もいるかもしれません。

でもHSPにはそれが出来ないのです。
「言い返したら相手を傷つけてしまうかもしれない」と思うからです。

そしてその思いの裏側には「相手の傷ついた表情やしぐさをみるとその感情でさえも共感してしまい、結果的に自分をも傷つけてしまう」という事があると私は思います。
共感力が強ければ強いほど相手よりも自分の方が傷ついてしまう場合もあると思います。

これはHSPは深く考え処理をするという気質も関わってきていますね。

HSPとはなかなかに奥が深くて、複雑だなとmarotanukiも感じます。

今回は以上となります。